自賠責保険

自賠責保険の補償


自賠責保険は加入が義務であると共に証明書を携帯する事も義務付けられています。
自賠責保険の補償対象は「死亡事故」「傷害事故」「後遺障害」の被害者1名に対して補償となっており、その補償限度額は下記のとおり。

「死亡事故」
死亡に至るまでの傷害による損害には最高で 120万円
死亡時に 3000万円

「傷害事故」
傷害時に 120万円
後遺障害時3000万円

これら保証内容を確認しても分かるとおり「物損事故」「自損事故」「車の破損や盗難」「自身や搭乗者の死傷」に関しては補償されません。


複数の被害者に対する補償

何人かの被害者が出た場合、それぞれの被害者に対して限度額まで支払われ、加害車両が2台以上の場合はそれぞれの自賠責保険が適用され、補償の限度額は限度額×加害車両の台数になります。

例を挙げると、自転車に乗った被害者がはねられた直後にもう一方から走ってきた車にもひかれて死傷した場合、双方の車に過失があれば支払限度額は倍になり、傷害の場合で最高240万円、死亡で6000万円と言う事になります。




 
 

お役立ち情報一覧

新車購入

中古車購入

下取りのエトセトラ

車の保険

車手続きガイド

迷った時の車選び

運営者情報・リンク集

リンク集

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

    

運営者情報・リンク集

Copyright ©  はじめてでも分かる車購入まめ知識 All Rights Reserved.