保険料を安くする

車の保険料は条件次第


車の保険料は「対人補償保険」「対物賠償保険」を除くと、「車両保険」が大部分を占めます。
保険料を安くするにはまず車両保険を見直すのが良いでしょう。

車両保険には「一般車両保険」「エコノミー車両保険」「エコノミー車両+特約」があり、それぞれ補償をカバーしてくれる範囲が異なります。


一般車両保険・・・・・他車との事故から自損事故・当て逃げ
             ・落書き・盗難・台風なども補償。

エコノミ車両保険・・・他車との事故による損害のみ補償。

エコノミー+特約・・・他車との事故に・落書き・盗難・台風などを
             補償し、自損や当て逃げを含まない。


一般車両保険に加入すれば単独事故による車の破損も、駐車場での当て逃げ等も補償されるので安心です。
エコノミー車両保険は限定されている分保険料は安くなりますが、他車との事故による損害のみになりますから、一度それぞれに見積もりを取って差額を確かめると良いでしょう。

車両保険を安くするのに免責部分を大きくする手もあります。
免責金額とは車を修理する際に自己負担する金額の事。
免責金額が15万で修理代金が100万だった場合は、15万が自己負担で残り85万を保険会社が負担する形になります。

当然免責金額を大きくすれば保険料は安くなります。
イメージとして万一の時に負担が出るのは嫌だと思いますが、相手のある事故の場合は相手の賠償金が免責に充当されるので自己負担はありません。
ただし100:0で自分に過失がある場合や自損事故では免責分は自己負担になるので気を付けなくてはなりません。

免責金額も様々に設定して見積もりを取ってみるのが良いでしょう。


限定条件割引や安全装備車割引

保険に加入する車が自分以外に運転する事がない、または自分と家族以外には運転する事がない場合は、「運転者家族限定特約」を付ける事で保険料は安くなります。
この場合の家族は記名されている契約者と配偶者、同居の親族、別居の未婚の子となっています。
更に「本人限定」や「夫婦限定」など細分化したものもありますので、現在の自分の条件に合わせれば保険料は安くなるかもしれません。

こういった限定条件を付けた時は、自分の状況の変化に合わせて限定条件を変える様に気を付けて置かないと万一の場合に補償されなくなってしまうので注意しておきましょう。
又最近の車は安全装備が充実し、そういった車種に対しての安全装備車割引もあるので、購入する車にどういった安全装備があるのか確認しましょう。


複数所有割引

最初の契約から5年以上無事故を続けた優良な契約者が2台目や3台目の車を購入した際に新規契約を割り引く制度。

保険会社は1台目と2台目が違っても2台目に割引は適用されます。
2代目の保険加入時に保険会社に1台目の別の保険会社の保険証券と車検証を提出すれば良いのですが、保険会社が別だと適用されないと思われている方も多い様です。

また同居の家族が新規に車を購入した際、割引の進んだ車を保有している状態で新規の車の年齢条件を低く設定しなければならない時は、等級を新規の車に移した方が断然得になる場合があります。

(例)
父(50歳)・・・・20等級の車を契約(30歳未満不担保)
息子又は娘(18歳)・・・・7等級(複数所有新規で全年齢担保)

この場合は7等級で全年齢担保にする為保険料が高くなります。
               ↓
20等級を子供に適応させる事で保険料が安くなります。

父(50歳)・・・・7等級の車を契約(複数所有新規で30歳未満不担保)
息子又は娘(18歳)・・・・20等級(全年齢担保)

保険料の年齢条件に掛かる割合は高いのでかなり保険料が抑えられると思います。

 

お役立ち情報一覧

新車購入

中古車購入

下取りのエトセトラ

車の保険

車手続きガイド

迷った時の車選び

運営者情報・リンク集

リンク集

お問い合わせ

リンクに関して・お問い合わせ等はこちらから。

    

運営者情報・リンク集

Copyright ©  はじめてでも分かる車購入まめ知識 All Rights Reserved.